スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わーい!

えー、今さらですが。
私は、オンでは主にVOCALOIDの二次創作で文章を書いてピアなんとかいうサイトに投稿しております。
そのサイトで活動させていただく事1年弱……。

先日、投稿件数が100を突破しました!

一時期、ほぼ毎日書いてはうpしていたのですが、ここまで来たのかと思うと感慨深いです。
これからも頑張ります!

というわけで。
記念というほどでもありませんが、一本書いたので載せます。
普段と比べるとやや短いのですが、読みたい方は追記からどうぞ~。





自転車のペダルをこぐ脚に力を込める。
西の空が綺麗なオレンジ色に染まっているけど、のんびり見てる余裕なんて、今の私にはない。
とにかく、一刻も早く家に帰りたい!
その一心で、私はさらに自転車のスピードを上げた。
そうしているうちに、やっと家に着いて、自転車に鍵をかけるのももどかしく、玄関に飛び込んだ。


「ただいま!」


ほとんど怒鳴るようにリビングに向かって叫んで、階段を駆け上がる。
目指す場所は決まっている。私の部屋だ。
部屋の前までスピードを緩めずに、勢いよくドアを開けた。


「ただいまレンく……へぶっ」


最後まで言い切る前に、顔に枕を投げ付けられる。
枕を退けると、碧色の目が不機嫌そうにこっちを見ていた。
彼が私のVOCALOID、鏡音レン君。普段はもちろん、今みたいな膨れっ面もすっごく可愛いのに……。


「うるさい、家の中で走るな」


口を開くとこの通り、マスターである私にも容赦なく言葉を突き刺してくる。というか、ここまで口が悪いのは私に対してだけのような気もする。
まぁ、そこがまた可愛いのだが。


「酷いよレン君……レン君に一番最初にただいまって言いたくなるマスターの気持ち、わかるでしょ?」

「そう思うならいいかげんリンも連れてきてほしいんだけど。昼間、ずっとここにいるのがどれだけ暇か……」

「あ、そうか寂しかったのか! じゃあ仕方ないな!」

「調子に乗るな、馬鹿真衣」


真衣というのは私の名前だ。レン君は私をマスターとも呼んでくれない。
私の発言に、余計に機嫌をそこねてしまったのか、レン君はぶすっとした表情でそっぽを向いてしまう。
でも、確かに今のは私が悪かったかもしれない。
PCの容量が足りないからって、レン君を優先してインストールしたが、元々彼はリンちゃんと2人で1つの存在だ。片割れがいなくて寂しいのは当然だろう。


「……ごめんレン君、ちょっとふざけすぎた」

「ちょっとじゃないだろ」

「うん……」

「……あー、もう!」


その声と共に、今度はクッションが飛んでくる。
いきなりの事に驚いてレン君を見返すと、彼は私の前で仁王立ちして睨み上げてきていた。


「いちいちそんなに凹んでんなよ、いっつもハイテンションのくせに。調子狂う」

「でも……」

「そんなうじうじした奴を、マスターだなんて認めた覚えはないぞ、俺は」


ぽかんとしている私を、レン君はただ睨んでいる。
怒っているような表情と声に、私はなんだかおかしくなって、吹き出してしまった。


「なっ、何がおかしいんだよ!」

「や、ごめんごめん……レン君にマスターって言ってもらえたと思うと嬉しくて」

「勘違いすんな、馬鹿! 根暗な奴はこっちから願い下げだってだけなんだからな! 真衣が俺のマスターだなんて、調子に乗ってるにも程があるんだよ!」


相変わらず拗ねたように怒鳴ってるけど、私は、レン君が優しい事をちゃんと知ってる。
口は悪いけど、そのおかげで頑張らないとって思えてくる。
時々物が飛んでくるけど、当たっても怪我をしないような柔らかいものばかり。


「レン君」

「何」

「私、頑張るからね」


レン君が認めてくれるような、ちゃんとしたマスターになれるように。
その途端に、レン君は少し顔をしかめて、ぷいっと目を逸らしてしまった。


「当たり前だ、今さらそんな事言うな、馬鹿真衣」

「……ふふっ」


思わず声に出して笑うと、また枕が飛んできた。
もう、照れなくてもいいのに、本当に可愛いな、レン君は。





あとがき!


(春・ω・)<どうも、桜宮です。そして!

どうも、ゲストの深依です!>(・ワ・*深)

深依んちの鏡音レンです……って何だここ>(・△・´鏡)

(春・ω・)<いやね、真衣ちゃんとレン君のモデルとしてね、来てもらったのですよ。もしかして聞いてない?

あ、ごめんレン君、言うの忘れてた>(・ワ・*深)

はぁ? 忘れんなよ、馬鹿じゃねえの?>(・△・´鏡)

……すみません>(・ワ・*深)

(春・ω・)<それにしても、「どんなの読みたい?」って訊いて、即答で「れんきゅんがいいです!」だもんなぁ。仲がよろしくてうらやましいですよ(笑

いやいや(笑) 先輩はボカロマスターにならないんですか?>(・ワ・*深)

(春-ω-)<その前にMyPCがほしいっすorz

ど、どんまいです>(・ワ・*深)

(春・ω・)<まぁとにかく、今回はネタ提供ありがとうね~

こちらこそ、うちの馬鹿深依のネタに乗って下さってありがとうございました>(・△・´鏡)

酷いよレンくん……>(;ワ;*深)

(春・ω・)<頑張れ深依ちゃん




ここまで読んで下さった皆様、ありがとうございました!
これからも頑張りますので、よろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメント

No title

こっちにコメ忘れてた(笑

深依さんと深依さんとこのレン君が
モデルの話ですか。
なんかこの感じだと
まるで深依さんがレン君に振り回されてる
感じですね。

遅くなりましたが投稿100おめでとうです^^
かなりまったりy(ry←いつも言ってるな・・・^^;
まだまだがんばってくださいね~v

れす。

ワニさん>
深依ちゃんはレン君に振り回されてるみたいですよー、かなりw
はたからみててほほえましい限りですw

ありがとうございます!
まったりでも読んで下さってることが……って、これも毎回言ってますね^^;
まだまだがんばりますよー!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。