スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一月以上放置……だと……?

ブログの存在を忘れていたわけではないけども。そんなに放置してたとは思っていませんでした、いやはや、すみません。
まあ、特にネタもなかったのですがね……。

で、今日は珍しく日記のネタがあるのですよ。
今日の朝、ちょっと怖い夢を見たので、それについて。
……ほら、悪い夢は人に話すと正夢にならないって言いますし、ね←
とは言ったものの。正夢になるような夢でもないんですよね。むしろなったら危ない。私が。

まあ、夢の内容自体はごく普通でした。
自宅のお布団で目が覚めたところから始まり、着替えて、家族で朝ご飯食べて、その日の科目とテキスト確認して、妹と一緒に家を出る。これだけの内容です。

ただし。
夢の中で目が覚めた時から、「あ、これは夢だな」と気付いていました。
そもそも夢が始まった瞬間がわかったことなんてなかったですし、それは錯覚かもしれません。「これは夢だ」とわかっている夢をみることも、これまで何度かありました。
ただ今回は、現実での自分が現在どのような状況に置かれているかがわかったんですよ。
その時考えていたのが、
「余裕ぶっこいて二度寝してるわけだから、流石に寮でもそろそろ起きて準備しないと遅刻するな。ああそういや今日の科目はあれとあれだったなー、課題に名前書いたっけ」でして。
夢でここまで考えてた事なんてなかったですが、とりあえずこの場ではリアルな夢もあるもんだと思うだけで、特に気にしませんでした。

で、そろそろ起きないと遅刻する事に気付いていたので、今の自分が夢の中だとわかっている以上、目を覚まそうとしたんですよ。
都合よく(このあたりは夢らしいですね)ものすごくうとうとしてたので、もう一回寝て起きたら寮の部屋ってのがセオリーだろうと思ったのですが。
再び目を覚ますと相変わらず実家の部屋にいまして。


あれ? これ、夢だよな? 夢なんだよな?
まさか私今年度今まで自宅通学じゃなかったよな?

とか、混乱しつつ、とりあえずタンスを物色。すごく見覚えがありました。
適当な服に着替えて、朝食の前にテキストを確認。全部揃ってました。ノートとかルーズリーフとかまで全部。
相変わらずうとうとしてるのでしばらく眼を閉じてみたりもしましたが、やっぱり実家のままで。
このあたりまでくると、そろそろややパニックになりかけまして、リビングでごはん食べてる妹と父に、「ねえこれ夢なんだけどさ、起きられないんだけどどういうことなの」みたいなことを言ってしまいました。
……こういう辺り、やっぱり夢だったんだなあと思います。迂闊だったな、私。
ちなみに、妹には可哀想なものを見るような目で見られ、父は「わけがわからない」というような顔をしてました。

内心さらにパニクってましたが、とりあえず余計なことは言わない方がいいだろうと朝食をとる事に。いやいやこれ本当に起きなきゃまずいんじゃないの、実家は好きだけどなにこれリアル過ぎて怖い、と思ったところまでははっきり覚えてます。

気が付いたら、寮の部屋でした。
自分の目が覚めた瞬間に気付きませんでした。
何でしょうね、内容が普通すぎるくらい普通で、ものすごくリアルだったのが、余計に怖かった。自分があれこれ行動できてましたし。
最後の方、夢なのか本当のことなのか本気で迷いかけてた。夢特有のぶっ飛んだ感じが一切なかったし。

だから、物語中ではわりとよくあることではあるけど。


もしあのまま、あの夢を現実だと錯覚してしまっていたら、どうなっていたんだろうとね。
思ってしまったりするわけですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。