スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そつろん!

私じゃなくて先輩のです。私も来年書かなきゃならんので他人事じゃありませんが。

今日がその提出日だったそうで、五年生の先輩方はPCに向かってカタカタやってたんですけど、週一回ある卒研見習いのコマが今日でして。
珍しく実験してない研究室に行ってきました。
邪魔にならないかなーとか思ってたんですけど、


O先輩「桜宮さん、君に任務を与えよう」

小春「はぁ……。何ですか?」

O先輩「君んとこのT君が卒論サボらないように見張っててくれ(いい笑顔)」

T先輩「いやいやサボるって、おまw」

O先輩「寝てたら起こしたって~、『卒業できませんよー』とか言ったるとなお良し」

春「ふむ……なるほど、了解です(`・ω・´)」

Y先輩「良かったやんT君、女の子に起こしてもらえるてw」

T先輩「寝やんよ! 寝てたのはちょっとだけや!」


寝てたんかいっ!
まぁそんなわけで、先輩の見張りという任務(笑)をこなしつつ、再試の勉強してました。まぁゆっくり勉強できたから私は良かったけど……先輩、ちょっかい出しに行かないで下さい、諦めが悪いです。

ちなみに。
「君んとこ」ってのは、研究テーマの事です。うちの研究室にはいくつか大きいテーマに分けられるんで。
で……どうやら私、バレンタインに、うちのテーマ恒例の進級試験を受ける事になりそうです。
研究に使う化合物を抽出する作業を、先輩の監督のもと、全て一人でやりきったら合格だとか。
ぶっちゃけ自信ない……(汗
っていうか、バレンタインですよ? 作業時間の関係上、土日潰さなきゃいけないんで仕方ないですけど。
くっそう……世間でリア充たちがキャッキャウフフしてる時に、私は寂しく菌たちと戯れるわけか。仕方ないけどなんか凹むぜ……。

まぁ先輩方に何か持っていこうかな、とは思ってます。
とりあえず、なんか食べられる物を作れる事を祈ってて下さいな先輩←
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。